財布にも環境にも良い

再生トナーとは、純正トナーの容器を再利用したものである。そのため純正トナーより格安で購入できるのが魅力である。純正品を使うことがプリンターの寿命を短くしない最大のポイントだが、純正品は値段が張る。そのため、互換トナーを使う人も増えてきている。互換トナーを使うと問題が発生することが多い。そのために作られたものではあるが、ICチップを読み込まなかったり、中身が漏れたりすることや定着性が悪いこともある。(これは互換トナーによって違うが、最近は性能がいい互換トナーも出てきている。)それに比べ、再生トナーはICチップを読み込まなかったりなどはないが、少し純正品には定着性等が劣ることが多い。コスパから考えると再生トナーを使うことでお財布にやさしいことになる。また、回収等にも来てくれるため再生トナーの処理に困ることもなくなる。

純正品を長年使っていたが、最近再生トナーに変えた。その理由はコストがかかるということと、純正品に比べ私の使用レベルからすると再生トナーでも十分だったことからである。モノクロのプリンタを使っているのだが、純正品でも再生トナーでも印刷できる枚数はほとんどかわらない。また、トナーの定着性については少し劣る気がするが、普段使用するには問題ない程度だ。使っていくと徐々に定着性が増すため、何度か印刷した後に大事な書類等は印刷するようにすれば純正品と全然かわらない。長年純正品を使い続けたが、再生トナーをこれからも使っていくだろう。消耗品はどうしても購入しないと使えないので、再生トナーを使って経済的に余裕が出てきた。